債務整理・借金整理

当事務所では 電話による 借金の返済 に関する 無料相談 を

受け付けています。

 

インターネットで検索された方・当事務所は全くの初めて という方でも大丈夫です。

毎月の返済で、生活が圧迫されている方はいち早く当事務所までご相談ください。

また、ご友人ご家族に 借金で苦しんでいる方がいらっしゃれば是非ご紹介ください。

着手金の2万円が払えない方は、後払いでもかまいません。

任意整理の詳しい 報酬額基準をご覧下さい。

電話相談のあと、実際に事務所に来ていただき、事情を聞いた後で 受任 致します。

司法書士は受任すると、業者に対して 受任通知 を郵送します。

金融業者に到達した時点から 返済請求・督促が止まります。 

今後業者に対しては 借入をしないことはもちろんのこと、

返済もしないで下さい。

これで、ひとまず落ち着いて冷静に対処できます。 

 

司法書士に依頼すると、督促や請求が止まり、一定期間は返済もしなくてよいので、

この間に 司法書士費用、生活費用等 を捻出できます。

長年、返済を続けている方の場合 ですと、

依頼してから1円たりとも返済しないまま、

逆に100万円の「払いすぎたお金」が振り込まれた!

なんてことは、よくあることなのです。

 

たとえ、過払い金が発生しなかったとしても、

将来の利息がかからない和解契約が締結できることに十分な経済的利益があります。

数年前と状況は変わり、最近はこの過払い金の回収は年々困難になってきています。

裁判を提起し、判決をとらないと支払いに応じないところがほとんどです。

さらには、判決を取ったとしても支払請求に応じず、

強硬手段で銀行口座の差し押さえをしても、

中身は空っぽ・・・なんて業者がでてきています。

消費者金融の統廃合に加えて、各社生き残りになりふり構わぬ状況になっています。

また、過払い金債権は10年で時効になりますから、

いくら取引が長い人でもそのすべてを回収するのが難しいこともあります。

一方、最高裁判所の判例により、10年を超えていても、認められることもあります。


借入金はすべてのものを明らかにしてください。

消費者金融、サラ金、クレジットでの買い物代金、

銀行、信用金庫、親兄弟親戚友人等個人的な借金もすべてです。

ヤミ金融、090金融、日掛け金融などもです。

保証人や担保がついている分も明らかにする必要があります。

借入れの一部を隠し、弁済を続けると 今後の手続きに影響 しますので、

注意してください。

 

司法書士に依頼した後は、

借入をしないことはもちろんのこと、返済もしないで下さい。

借入を行った場合には、民事上の問題だけでなく刑事上の問題(詐欺等)に発展する

可能性がありますので注意してください。 

特に ヤミ金融 などは整理中にも貸し付けてくることがありますので、

絶対に手を出さないで下さい。

家族だからといって、保証人でない限り支払義務はありません。

また支払義務のない者への請求は禁止されていますので、

そのようなことがあったら司法書士まで知らせてください。

 

信用情報機関

任意整理を行うことにより、信用情報機関に登録(ブラックリスト)されます。

登録されると、借入ならびにクレジットカード等は持てなくなりますが、

5年~8年経過しますとたいていはカードが使えるようになるようです。

戸籍や住民票に記載されるようなことは、絶対にありません。

信用情報機関の登録情報は基本的には本人しか請求できませんので、

第三者に知られてしまうようなこともありません。

 

債権者(金融業者)からの問い合わせ等

業者からの電話等に対しては、次のとおり答えてください。

「迷惑をかけて申し訳ありませんが、

借入れの返済などについて司法書士の小山さんにお願いしました。

小山さんから通知を出してもらうようにお願いしてありますので、

宜しくお願いします。」


依頼を受けた司法書士は、

早速 受任通知 という書類を、業者へ FAX 等で通知します。

これまでの相談などをもとに、例をあげてみます。

 

債務者を、仮に A さんとしましょう。

通知が届いた業者は、 A さんのデータを管理部門のような場所へ移動させ、

ここからは司法書士と業者内の担当者との、攻防(交渉)が始まるのです。

その間、 A さんは、いつも通り仕事に行きます。

これからは返済期日に、返済をする必要がなくなりますので、

もともと返す予定だったお金を、

整理資金、生活費にあてることができるようになります。

業者の担当者は Aさんの 取引履歴 を送ってきます。

たいていの業者は、3年分しか送ってきませんが、

司法書士はさらに強い態度で 再開示請求 をするのです。

ここでポイントとなるのは、

いつから取引を始めたか(最初に借りたのはいつなのか)

ここは、とても重要なポイントですので、

落ち着いてゆっくり思い出してください。

借入れをするには何かきっかけがあるはずです。

机の引き出しに返済の明細書は残っていないか探してみてください。

 

取引履歴が全部明らかになると、

司法書士は 利息制限法 に引き直して再計算を行います。

Aさんの場合は、引き出したり返済したりを繰り返していたものの、

取引期間が長く、全部で 4社 から借入れをしていたのですが、

再計算をしてみると・・・

なんと、合計で 171万円の払い過ぎたお金 を取り戻すことができました。


払い過ぎたお金に対して

当事務所では、元本は全額 + 過払い金利息 まできっちり請求します。

たとえ和解するとしても、より依頼者に有利な条件を提示します。

また、業者の態度によっては裁判で徹底的に争い、

支払わない業者には差押えもします。

 

ヤミ金に対して

借りたものは返さないし、今までに返したものは返してくれ

という姿勢で交渉します。

逃げられる可能性が高いのが難点ですが、追える限りは追って請求します。

 

年金、保険料、固定資産税の支払いが滞っている、滞納している

こういった方の場合は、ケースバイケースですが、

なるべく早めにたくさん回収できるよう、検討し作戦を練ります。

その際には、もう一度事務所へ来ていただき、

一緒に今後方針を確認したうえで交渉にあたります。


アコム・武富士・プロミス・アイフル・レイク 等に代表されるように、

これら消費者金融業者は 利息制限法と出資法との規制の間

いわゆる グレーゾーン の金利で営業していたのです。

これら 消費者金融業者 は、

最大 29.2% の金利で営業していましたが、

民事上の規制である利息制限法では、10万円以上100万円以下では、

18% 以上は無効であり、超過分は元本に充当されることは、

最高裁判例 により確立されているところなのです。

取引期間長ければ長いほど、過払い(払い過ぎ)となっていることが多く、

借金がなくなった上に、過払い金が戻ってくるケースがよくあります。

消費者金融だけでなく、 住宅ローンの返済が苦しい方もご相談ください。

 

債務整理報酬額基準

任意整理(非事業者)

1.着手金   2万円×債権者数

ただし、同一債権者でも支店を異にする場合は別債権者とする。

2.報酬金

1債権者について、1万円に下記金額を加算した金額を上限とする。

なお、個々の債権者と和解が成立する都度、当該債権者に対する報酬金を請求することができるものとする。

(a)  当該債権者主張の元金と和解金額との差額の10%(通常8%)以内の金額

(b)  交渉によって過払い金の返金を受けたときは、当該債権者主張の元金の10%

以内の金額と過払い金の20%(通常15%)以内の金額の合計額

3.分割弁済金代理送金手数料

金融機関の送金手数料を含め、1件1回1,000円を上限とする。

4.任意整理が終了した後、再度支払条件等の変更につき各債権者と交渉せざるを得なくなったときは、当初の委任契約と別契約とする。

5.日当

債権者からの提訴に対する応訴等、裁判所への出頭、その他特別の出張等を要する場合は、1回 2万円 以内の日当を受領することができる。

都外など遠隔地の場合は1回4万円以内の日当を受領することができる。

6.実費

交通費、通信費、予納金、コピー代等受任事件処理に必要な実費は、

別途受領することができる。また消費税は外税として受領できる。

7.債権者に対し過払金返還請求、損害賠償請求訴訟等を提起し、差押・仮差押に対抗するための提訴・申立等を行う場合は、通常事件として、別に定める「裁判業務等報酬基準」に拠るものとする。