不動産の調査・測量・登記

土地建物の登記、調査・測量

土地や建物を測量し、面積などを登記するのが “不動産の表題の登記” です。

新不動産登記法により、 表示登記 から 表題登記 へ変更になっております。

また古くからお住まいの場所などで、お隣の土地との境界が明確で無い場合には、

関係者と土地家屋調査士が立会って 境界 を決めたりもします。

借地借家 の契約、底地買取などのご相談も承っております。

家を新築したとき、 増築 や改築により不動産の表示が現状と違ったとき、

建物を取壊したとき、農地を宅地とするなど主たる用途を変更するとき、相続などで

何筆かに土地を分割したいとき、宅地の地番が数筆となっていて、1つの地番に

まとめたい時なども土地家屋調査士の仕事です。

また、土地を売却する為の測量などもお気軽にご相談ください。

例:建物表題登記、地目変更登記、建物滅失登記、分筆、合筆、地籍測量図の作成等

不動産の売買 は非常に大きな金額が動きます。万一があってはいけません。

司法書士は差押えや仮差押え、抵当権の有無など事前の調査を充分行いますので、

安心してご依頼いただけます。売買契約の締結など取引の安全を確保するためにも、

司法書士に「立会」をご依頼ください。

宅地建物業者の仲介のケース、金融機関から融資を受けるケース、売買契約書の

署名・押印と手付金の授受など不動産の売買には重要な場面が多々あります。

不動産売買全般の相談、謄本取得・調査依頼も受け付けております。

平日 9:00~18:00

 土地・建物の相談   03-5347-3801